ココアオレの得する⁉ミニ知識♪

オレココアな、ココアオレです♪ 好きなこと(オンラインクレーンゲーム、お小遣いの稼げる稼げー等)やお買い得情報(懸賞、お小遣い稼ぎ)等を皆さんにお伝えしたいです♪初心者なので皆さん仲良くしてください('ω')ノ

会社を3年続けることが正しいのか?石の上にも三年とは根拠があるのか?

みなさんこんにちは〜おれここあなココアオレです(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡

 

今回は、お仕事をするうえで

【3年会社を続けるべき】

という言葉をよく新社会人の方で聞くと思うのですが、

このことについてみなさんはどのようにお考えでしょうか?

 

もし、これを読んでいるあなたや身近な悩んでいる方にこのような話題を言われた時に

どのように声掛けを行いますか?

 

基本的によく聞かれることは

「とりあえず、3年間は働いてみたら?」という意見がかなり多いと思います。

 

この理由としても、

「石の上にも三年だから」➡後程説明

「反射的に→とりあえずは3年やってみたら?」

「3年間やってみれば周りが見える、わかるから、適正有無」

「自分の成長ができない。→忍耐力や継続する力等」

次の仕事に進むためにも(転職)するためにも、3年はやるべき

など数えきれないほどあるかと思います。

 

私も、現在社会人になって2年目ではありますが、正直3年目までやるべきなのか迷っている一人であります。

楽しく、自分が頑張れる仕事をするべきなのではないか?と毎日考える日々ではありますが、私も日々仕事でもプライベートでも変化をつけれるような努力を行いながら日々過ごしています。後程どのような工夫を行っているかご説明したいと思います。

 

 

 

今回の題名の内容に入る前に、【慣れ】について書いた記事もここに記載しておきます。「慣れた?」への返答となぜ効くのか考えた記事になっています。お時間があるときに見てください☆

www.cocoaorei.work

 

 

 

 

ということで、今回のサムネにある

YouTuberのkemioさんの質問コーナーにあった内容の紹介をしながら私の意見も含めて話していきたいと思います。

f:id:cocoaorei:20190911215510j:image

 

今回の記事に関する内容が一部入っています。

www.youtube.com

今回の動画の内容が視聴者からもらった質問に答えていくコーナー【質問コーナー】

なのですが、一部会社に関する内容を発言されていたので、そのことに関してピックアップしてお伝えしたいと思います。

 

〇質問内容〇 K=kemio

🙍「仕事で最近落ち込みすぎてるんだけど、どうしたらいいと思いますか?」

 

K「お疲れ様です。お金を稼ぐってどんなお仕事も本当にそうなんですけど、本当大変だよね」

 

K「どんなことで落ち込まれているのかわからないけれど、もし自分が続けたくないとかやりたいことがあるのかもしれないってときは真剣に考えてもいいと思います」

 

 

K「暗黙の了解みたいな感じで日本って『3年はイヤでも勤めましょう』みたいなルールがあるじゃない、昔から。あれ何?って思うの、ウチずっと」

 

K「3年勤めたからって何があるの? 3年勤めたら上司になれんの? 3年勤めたらボーナス100万とかにあがるの? 3年勤めたら何が変わるの? って、3年じゃ何も変わんないと思うんだよね」

 

K「一番は体とか自分のメンタルヘルスを大事にすることがimportant(重要)です」

K「自分を大切に頑張ってください。応援してます。」

 

 

 

という返答をされていました。

 

 

私もその意見に賛成で、

 

本当に

 

「とりあえず3年ただ務めること」

 

がすべて正しいわけではないです。

もちろん継続することや今の仕事をするうえでいろいろなことを知るには3年必要なことがある方も多いかもしれません。新しい後輩が入って教える立場に入るなども経験に入りますが・・・。

 

 

 

私が伝えたいことは、

人生一度きりなので、

人生の中でたった3年なんですが!

 

たかが3年。されど3年なんですよね。

 

 

家族や上司、友達などに

「とりあえず」とか「みんなが言うから」

という人のせいだけで決めるのだけは本当によくない。

 

本当にそれこそ無駄な人生をおくるのではないのでしょうか?

そんな安定したレールの引いてある所だけを行くことが正しいのでしょうか?

人に従い、人に決められた人生を望んで送るべきなのでしょうか?

 

 

今このような内容を書いていますが、決してみなさんに、

「やめるべき」とか誘導しているわけではないですが、

日々に疑問をもってほしいということを伝えたいです。

 

 

ことわざに関しても疑問があるですが、

【石の上に三年】とは

冷たい石の上でも3年座り続けていれば温まってくる。

我慢強く辛抱すれば必ず成功することのたとえ。

 

つまり、3年で徐々に安定することとか成功への道が開けてくるということなのでしょう。

 

ちなみにこの石の上にも三年という言葉の

【三年】には科学的根拠がありません。

➡だれ?三年と決めた方は?出てこい!( ゚Д゚)

なのですが、

 

「本当に三年も必要なのか?」思ってしまうんですよね。

 

じゃあ、二年で見分けることができないのか?一年ではだめなのか?

そう考えたり、疑問に思うことも必要だと私は考えるんですよね。

 

ただぼーっと三年を過ごして

石の上にも三年乗っておく人それも人生なので否定はしませんが、

 

石の上にも二年頑張って乗ることで、その会社に関しても、それ以外でも理解することってできると思うんですよね。

 

実際にその〇年間をどのように過ごすのかが大事なので、

この【石の上にも三年】ということは全くあてにならないことわざだと考えてしまいます。

 

 

 

私はこの言葉を考えながら現在の仕事を続けている一人ではありますが、

私が今目指していることは

【仕事でも、プライベートでも変化をしながら今を生きる】

 

ことを目標として生活しています。

まだ私は先ほども記述した通り、まだ社会人二年目🍀となります。

 

社会に入って間もなく、視野も狭いのは紛れもない事実。

現在の会社で働きながら日々の変化を行い、いろんな視点から物事を見たり、日々を充実させるような工夫を行っています。

 

そのプライベートのなかでも行っているのが、

【検定を受けること】です。

 

現在受ける予定のものは、

秘書検定、簿記検定、FP(ファイナンシャル・プランナー)

の三つになっています。

〇秘書検定準一級を受験する宣言を行ったブログです。

www.cocoaorei.work

 

 

医療の国家試験を合格した私ではありますが、経済などの興味がかなりあって、そちらの勉強を今独学で行っている所です。

 

毎日仕事が終わって一息ついてから1,2時間勉強を行っています。

興味のあることやすきなこと、努力したいことなので現在は楽しく勉強できています。

 

皆さんも日々に変化をもたらすことで、仕事でもプライベートでも普段見えないことが見えてくることがあるかもしれません。

 

ただ呆然に二,三年を過ごす前に、少しのことだけで大丈夫です。

普段と少し環境を変えた状態でなにか自分に無理のない程度変えてみるのはいかがでしょうか?

 

人生変化色づけながら楽しい生活を皆さんにも送ってほしいです。

 

 

個人的で一方面にしか目を向けれていないまだまだポンコツのココアオレではありますが、これからも社会を経験していきながら日々成長していきたいと思います。

 

 

そんな感じで、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

それじゃぁ、またね~~んばいば~~い(@^^)/~~~

 

 

 

石の上にも三年という言葉

 

正しいのか、正しくないのかは人それぞれなんですよね。

 

多方面でも考えられる大人になりたい。